防病学会

防病学会 やまいを防ぐ元素 水素をご確認ください

 

協和病院の河村名誉院が飲用、調理の水を全て電解水素水にすると腸内善玉菌活性し、下痢や便秘、悪臭便が改善し、血行が良くなり体質改善、病予防になると発表されている。

病になるのは悪臭便が大きな原因です。

水で病予防、改善できるとは大半の方は半信半疑ですが、人体構成組織の65%~85%は水で出来ており、毎日入れ替わっています。

酸化した水か還元された水かで健康か病気予備群かの差が出ます。

病は酸化から動脈硬化を起こします。

電解水素水は病の原因となる活性酸素を抑制すると1996年5月に世界で初めて九州大学大学院の白畑先生がUSA科学誌BBRCで発表され、河村先生が国内随一、糖尿病患者に電解水素水を飲むことで血流傷害が改善し、足の切断を免れた方が数多くおられます。自己治癒力の結果です。

32年の貴重な臨床例と共に月1回約2時間の説明会では全ての水を変えれば病予防になり、薬も減り医療費削減になると常に話されています。

「河村名誉院長講和引用文献」